初級者スケーターに勇気を配信中

【ドンキetc.】安いコンプリートスケボーも有り!

ドンキ スケボー 安いはじめの一歩

安いスケボーを探している人
「安いスケボーが売ってるのを見たことがあるけど、初心者なら本格的なものじゃなくても大丈夫なのかな?はじめは安く済ませたいのが本音。使い物にならないっていう口コミもあるけど、本格モデルと何か違うのかよくわからないんだよなぁ。」

 

こういった疑問に答えます。

 

この記事を書いている私は、スケボーを始めて15年(2020年現在)。センスは無くとも、めっちゃ楽しんでスケボーしている2児のパパスケーターです。万年初級者街道を突き進み、初心者の気持ちが痛いほど解るわたくし。最初の一本にいきなり数万円を投入するのは確かに気が引けちゃいますよね…。今回はスケボー初心者向けに『量販店の激安スケボーとの付き合い方』について書きました。

 

ドンキ・デポ・トイザらス等の安いコンプリートスケボーも有り!

ドンキ スケボー 安い

最初はいわゆる「『激安トイデッキ』から始めてもいいのかな?」という疑問をもつ初心者の方は多いですよね。結論からいうと、個人的には十分購入対象に入れて良いとアドバイスしています。

ただ、”条件付き”で。

条件付きというのも、激安スケボーが安かろう悪かろうなのは間違いないから。
大切なのはあなたが

  • 激安スケボーにできること、できないことは何か
  • 本格モデルとの違いは何なのか

 

この辺りを解ったうえで「納得して購入」しないと、結局は後悔する買い物になってしまう可能性が高いからです。デメリットをしっかり確認したうえで、購入検討していきましょう!

 

【メリット】ブランド品では絶対に太刀打ちできない圧倒的な低価格

これは説明不要ですよね。トイデッキはの特徴はなんといっても超激安なことドンキホーテやスポーツデポ、トイザらスなんかの量販店には、3,000~5,000円程度の安いコンプリートデッキが置いてあります。

一方で、専門店でコンプリートを購入すると20,000~30,000円。比較的安価なものでも13,000円程度が相場でしょうか。ヘタするとじつに10倍近い価格差があります。

例えば、

  • ものは試しでスケボーに乗ってみたいと思っている方
  • 子供が欲しがっているけど続けるか心配な方

 

こんな方にとって、数万円のコンプリートを用意するのはちょっと敷居が高いですよね…

 

西野
西野

自分も子供ができて切に思いますが、継続性を見抜くのは本当に難しいですよね。できる限り興味がある事にはチャレンジさせたいですが、すぐ飽きちゃうなんてこともしょっちゅうですから…


以前こんなツイートをしました。


多くのスケーターからは

 

「トイデッキなんてゴミ同然」

「トイデッキを買うくらいならやらないほうが良い」

 

なんて辛辣な声もあって、ぶっちゃけ正しい部分もあります。でも「お金を理由にスケボーを諦める」という選択をさせるのは、スケーターとしてとっても残念。

繰り返しになりますが、善し悪しを見極めて納得して選ぶのが一番大切です。あなたの優先順位と照らし合わせた上で、納得できるのならばトイデッキも十分選択肢に入れて良いでしょう。

 

【デメリット】スケボーの魅力に気付けないリスクを認識しよう

スケボーの魅力は何といっても、「スムーズに滑る感覚」です。きれいなコンクリート面を滑った時の気持ちよさは、何物にも代えがたいスケボーならではのもの!
ですが、トイデッキの”安さ”が一番影響を与える場所が”足回り”だと感じます。

具体的には、

  • 質が悪いウィール
  • 用途に合っていないベアリング
  • 柔軟性が無いブッシュ

 

これらが組み込まれたトイデッキだと、「全然進まない」「曲がらない」と滑走感に不満を持つ人が少なくありません。

 

他にも、耐久性に難がある製品が多いことも注意したい点です。

激安で販売するためには、

  • 材料の質を落とす
  • 材料を代替する
  • 工程を簡易化する

 

など、どこかではコストカットのために品質を落としていることは確実です。
こういったデッキは不意なタイミングでいきなり壊れるリスクがあり、危ない思いをする場合があります。オーリーやポップショービットなど、「デッキに飛び乗る」ような負荷がかかる技の練習は避けた方が無難でしょう。

 


このように、トイデッキは滑る楽しさやカッコいいトリックを体験するためには不十分な道具だといえます。あくまで「試しに乗ってみる」ための最初の一本。

  • プッシュ
  • チクタク
  • エンドウォーク

など、基礎トリックを体験するためのものと割り切ってとらえるのがベターかなと考えます。

参考:スケボーの基本的な乗り方

 

安いコンプリートスケボー「4つ」のポイント

全体的に品質が低いトイデッキですが、その中でも「特に選んではいけない製品」があります。それを見分けるためのポイントは4つ

  • ウィールの素材がPVC(ポリ塩化ビニル)
  • トラックの素材がプラスチック
  • トラックの設計がチープ
  • デッキのコンケーブが無い

 

これらに当てはまる激安デッキは著しく滑走感が悪く、いきなり壊れるリスクも大きいです。

順に説明していきましょう。

 

ウィールの素材がPVC(ポリ塩化ビニル)

ウィール

一般的にウィールに使われる素材はPU(ポリウレタン)ですが、底値付近の激安トイデッキではPVC(ポリ塩化ビニル)を使用しているものが散見されます。

 

西野
西野

実は自分が最初に試しで買った激安コンプが、ポリ塩化ビニルのウィールでした。全く弾性が無く路面にめり込むような使用感。アスファルトではちーーっとも進みません。これまで体験したあらゆるスケボーパーツの中でも、ポリ塩化ビニルのウィールは断トツでダメダメでした…

 

おそらく軟質塩ビだったと思いますが、透明で厚手のテーブルクロスを想像していただけると解りやすいでしょうか。あんな素材で作られたウィールが進むわけありません…

参考:ウィールの基礎知識

 

トラックの素材がプラスチック

トラック

言わずもがな、耐久性に難ありです。トラックはスケボーの中でも複雑なパーツ構成で、一番負荷がかかる場所です。フルプッシュ中やターン中に壊れでもしたら転倒=ケガにつながっちゃいます。

トラックには「アルミニウム」が使われていることを確認しましょう。プラスチックのトラックなんて、見た目もめっちゃカッコ悪いですよね…

参考:トラックの基礎知識

 

トラックの設計がチープ

ハンガー

こちらも耐久性に直接関与する大切な事柄。だけど初心者には見極めるのがかなり難しい部分です。
注目すべきはハンガー周りの設計です。

 

・ハンガーの作りが堅牢な激安デッキ

 

・ハンガーの作りがチープな激安デッキ

比べてみると、特にブッシュ周りに肉厚の差があるのが分かると思います。
口コミで「トラックがすぐに壊れてお金を無駄にした」なんて書かれちゃってるコンプリートは、大体のこの手のトラックが付けられています。

いくらアルミで作らているトラックでも、設計自体の荷重力が不足していれば意味が無いですよね。
商品説明でしっかりトラックの写真が確認できる製品だと安心です。

※とはいえ悪質な業者では、トラック詳細の写真とコンプリート全体の写真で「違うトラック」を使っていることが散見されます。実際自分でも口コミや、ショップの評判をチェックするよう心がけましょう…!

 

デッキのコンケーブが無い

コンケーブとは、デッキを平らに見た時のへこみのことです。このへこみが無いトイデッキは、質の低さを表す一つの指標になります。

 

・コンケーブがある激安デッキ

・コンケーブが無い激安デッキ

 

誤解しないで欲しいのですが、有名ブランドでもフラットコンケーブのデッキはあります。それらはもちろん、一流のプレス工場で作られている間違いのない製品です。

あくまで、「トイデッキの価格帯」においてコンケーブが無いということ=ちゃんとした金型を持っていない、トイデッキしか作ってない工場のプレスだという証拠になりますね。

そうなると目には見えない接着剤の質や、プレス工程にもちょっと疑問が出てきちゃいます。事実、耐久性は低い印象があります。

 

おさらいすると、製品情報の詳細を確認したとき

  • ウィールは「PU(ポリウレタン)」であることを確認
    「PVC(ポリ塩化ビニル)」はダメ!
  • トラックは「アルミニウム」であることを確認
    「プラスチック(樹脂)」はダメ!
  • トラックのハンガー部分の堅牢度を確認
  • デッキのコンケーブの有無

 

これらをしっかり確認するようにしましょう。

 

安いコンプリートスケボー「おすすめ3選」

ドンキ スケボー 安い

上記の「激安スケボーを見分けるポイント」を踏まえたうえ、基礎練習にそこそこ使えそうな激安コンプリートを「3点」を見繕ってみました。

順に紹介していきます。

※2020年5月現在コロナウィルスの影響から、「3密を避けることができる運動」としてスケボーの需要が急激に増えています。売り切れている場合も多々あるようですが、1・2週間ほどで在庫復活しているようです。またすぐ売り切れる状況なので、こまめにチェックしておくのが吉かもです。

 

YouFu

ウィール素材トラック素材ハンガー堅牢度コンケーブ

値段が安いスケボーの中でもレビュー数が多くて、しかも高評価なスケボーがYouFuです。
板が折れやすかったりチップ(欠け)しやすいなどの批評も少なからずありますが、おおむね「値段の割に良い品質」だと評価されています。

特にこの価格帯でも足回りに不満が少ないのは、相当ポイントが高いです!コンケーブも緩めで、初心者には乗り出しやすいコンプリートになっています。

 

BAYTTER

ウィール素材トラック素材ハンガー堅牢度コンケーブ

調整ツールのほか、スケボー用バックが付いてくる充実のオプション。初めての一本には嬉しいコンプリートで、値段も安くレビューもおおむね好評です。
この価格帯で足回りの可動に問題が無さそうなのは、かなりのアドバンテージですね~。

ただおそらく新古品を安く仕入れているメーカーの様で、「外装はやや破れがある」と公言しています。初期不良は交換してくれるようなので、「傷程度なら気にしないよ」って方にはコスパが良い一本になります。

 

SilverFox

ウィール素材トラック素材ハンガー堅牢度コンケーブ

ドン・キホーテ、トイザらス、スポーツデポなど、量販店で激安スケボーを見かけることも多いですよね。その中で「唯一及第点といえる」のが、このスポーツデポで取り扱うSilverFoxです。

SilverFoxはローラースケート、インラインなどローラースポーツ総合メーカー。ラウンドワンなどにレンタルシューズを納品しているメーカーなので、信頼性も問題ないでしょう。

スポーツデポは全国展開しているので、実際現物を見に行ってみるのも良さげですね。ただデポには4,000円くらいのPVCウィールスケボーも置いているので要注意!SilverFoxであることを忘れず確認してください~。

やっぱり素性がはっきりしてるメーカーのスケボーは、使っていて安心して身を任せられる感覚になります。

 


上記3メーカーよりさらに安いスケボー【Amazonで人気】安いスケボーでも後悔しない選び方【15メーカー比較】で比較解説しています。
今回の記事と合わせて、選び方の参考にしてみてください。

 

いずれのコンプリートも、「価格の割にはそこそこ」といった感じ。正直すべてのニーズに答えられる品質かと言われれば、やっぱり「それは無い」と答えるでしょう。

繰り返しになりますが、激安デッキを購入対象に入れる場合、

  • あなたの優先順位をはっきりさせて
  • あなたが納得できる選択をすること

これが大切だと思っています。

 

安いコンプリートスケボーで「交換したいパーツ2点」

ドンキ スケボー 安い

では実際あなたが納得したうえでトイデッキを手に入れたとします。問題なく使えていればラッキーですが、乗ってみて初めてわかる不満点が出てくることも、この価格帯では正直多いです。そんなときはパーツの交換も視野に入れて見てください。

例えば、

  • 曲がらない時は「ブッシュ」を交換
  • 進まない時は「ベアリング」を交換

 

これらを交換することでパフォーマンスの向上が期待できます。ストレスなくスケボーを楽しむことができるでしょう。

 

曲がらない時は「ブッシュ」を交換

ブッシュ

ブッシュはトラックの可動レスポンスを左右する、乗り心地に大きく影響するパーツです。
素直に反応する”柔軟性”と、クイックに復元する”弾性”の両立が必要なんですが、ぶっちゃけトイデッキに使われているブッシュに性能は期待できません(酷い場合はプラスチックだった…なんて話もあります…)。

 

柔軟性と弾性を両立しつつ、価格も抑えられているブッシュといえば「OMG!」。

OMG!は、スケートボード専門メーカーとして数々の製品をプロデュースする「レベルロイヤル」が展開するブランドの一つ。デッキやウィールなどもあり、コストを抑えつつプロにも選ばれている品質の高さで評価を得ています。

”コア”と言われる樹脂製の芯を採用しているおかげで、応答性も復元性もクイックなレスポンスで答えてくれます。コア入りのブッシュといえば「 BONES(ボーンズ)」が有名ですが、個人的には遜色ない使用感だと感じます。

 

進まない時は「ベアリング」を交換

ベアリング

PU素材のウィールのトイデッキを選んだけど、それでも進みが悪いな…と感じるときは「ベアリング」を疑ってかかりましょう。
参考:ベアリングの基礎知識

ただその前に、一つだけチェックしてほしいことがあります。

ウィールの回りが悪いのは単純に、組付けの際「ナットが強く締め付けられていただけ」というケースも少なくない様です。まずはウィールを左右に動かしたとき多少隙間ができるくらい(0.5mmほど)に調整してみましょう。
それでも回りが悪いときは、ベアリングがイマイチな可能性が高いですね。

 

「あれ?でもこのトイデッキ、高品質な「ABEC7」のベアリングが使われてるはずだけど、やっぱり回りが悪い…」

 

勉強されている方なら上記の様な疑問も出てくるかもしれません。

少しややこしいんですが、「ABEC」の数値は速さとイコールではなく、あくまで”加工精度”の基準なんです。

以前こんなツイートをしました。

激安コンプのベアリングは、質が悪いんじゃなく用途に合ってないだけでは。スケボーには”摩擦トルクが小さい”「玉軸受け」が向いてるけど、激安コンプには”工業レベルでの重荷重・衝撃環境に向いてる”「ころ軸受け」が多用されていることを発見。体重が300kgとか時速200kmで滑る人はこちが良いかも(何

 

一般的に、スケボーに使われるベアリングは人の力でも良く回る、摩擦トルクが小さい「玉軸受け(ボールベアリング)」が採用されています。

その一方で激安デッキには、重荷重に適しているが摩擦トルクが大きい「ころ軸受け(ローラベアリング)」が使用されていることが多いようです(おそらくコストの問題だと考えられます)。

 

このようにいくらABEC数値が高かろうとも、”人の力で動かすことに適さない”ベアリングだとあまり意味が無いんです。

スケボー用途の場合はあくまでも「ボールベアリング」であることが前提で、そこで始めてABEC数値が意味を持ってくると考えると良いでしょう。

 

MINI LOGO(ミニロゴ)は一流老舗ブランドである「パウエル」のロープライスライン

素材や製造工程はベーシックラインと同様で、コスパに優れた製品がそろっているのが特徴です!もしゆくゆくちゃんとしたコンプリートを組みたくなった時も、このベアリングなら何の問題もなく流用できます。

”工業規格であるABEC表記”はありませんが、パウエル社が”スケボー専用に設計”したベアリングという証拠でもあリ、申し分ないパフォーマンスを持っていますよ。

 


また、ベアリングを変えてもまだ進みが悪いと感じる場合は、ウィールも交換対象にしてみるべきかなと思います。

あなたが実際練習する場所の路面状況と「ウィール硬度」のマッチングが悪い場合があります。こちらの記事で、路面ごとのウィール硬度の選び方について書いているので目を通してみてください

参考:ウィールの基礎知識

 


今回の記事では

  1. 安いコンプリートスケボーのメリット・デメリット
  2. 安いコンプリートスケボー「4つ」のポイント
  3. 安いコンプリートスケボー「おすすめ3選」
  4. 安いコンプリートスケボーで「交換したいパーツ2点」

これらを紹介しました。

 

これからスケボーを始めるにあたり、激安トイデッキの購入で悩んでいる方に向けて「納得できる選び方・パフォーマンスを上げる対処方法」についてお話させてもらいました。やっぱり一般的なコンプリートに比べて品質が落ちるのは確か。でもスケボーを手に取る敷居を下げる意味では、激安トイデッキにも意義があると思います。この記事をしっかりと頭に入れておけば、ちゃんと納得した後悔しない買い物ができるはずです。

この記事があなたの参考になれば幸いです
(よかったらコメントも宜しくどうぞです~!)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました